クリニックの脱毛

長年悩まされてきたムダ毛を綺麗に処理するためには、クリニックで永久脱毛に挑戦するしかありません。永久脱毛は、医師免許がなければ使えない強力な機材を用いて、毛根のカミソリ働きを停止させる脱毛です。完全に治療を終わらせるまでには長い時間が必要ですが、その分仕上がりは非常に綺麗で、新たにムダ毛が生えてきても、その量はごくごくわずかにとどまります。永久脱毛は具体的にどのようなケアを行うのでしょうか。

永久脱毛にはいくつかの種類がありますが、クリニックなどではレーザー脱毛が広く利用されています。レーザー脱毛は高出力のレーザーを利用して毛根を焼き、再びムダ毛が生えない状態にしていきます。光脱毛も多様な仕組みですが、こちらは一度に処理できる範囲が広く、より手早く処理を進めることが出来ます。その他にもニードル脱毛など、クリニックによって利用できる脱毛の方法は異なるので、どれを利用するかは、医師とも相談しつつ、慎重に決めてください。

永久脱毛はクリニックや美容外科といった、いわゆる医療機関でしか行うことが出来ません。エステサロンや通販で売っている脱毛機器は、医師免許がなくても使えるように出力が弱く設定されているので、使用しても暫くすればまたムダ毛が生えてきます。実際無断で医療用の脱毛機器を使用したエステサロンで、利用客がやけどを負う被害が出た事件も報告されているので、ムダ毛を処理するのはもちろん、自分の肌を守るためにも、永久脱毛は信頼できる医療機関で行いましょう。当サイトではクリニックによる永久脱毛について紹介しています。

クリニックで行なう2つの医療脱毛法

脱毛する方法には、エステサロンで行うものと、クリニックなど医療機関で行うものがあります。クリニックで行われるものを「医療脱毛」と呼んでいますが、主に「電気脱毛(小林式脱毛法)」と「レーザー脱毛」があります。電気脱毛とは非常に細い針を毛穴に挿入し、強い電気を流しながら、毛根を焼いて破壊する脱毛法です。クリニックで使用する電気脱毛機器はエステサロンで使用している機器より高周波で治療するため、脱毛の威力が強く、また痛みも少なくなっています。なお、電気脱毛の治療ができる人は医師か看護師の資格を所有している人だけです。

一方、レーザー脱毛は医療機関でのみ取扱が許可されています。レーザー脱毛とは黒いものだけに反応し、黒い部分にエネルギーが集中するというレーザーの特徴を生かして、毛根を破壊する脱毛法です。針を使用する脱毛に比べて「早い」、「痛くない」ということから、近年需要が急激に伸びています。また、多くのクリニックで扱うようになったことで、料金も大幅に安くなっています。

痛くない医療レーザー脱毛ができるクリニック

東京のあるクリニックは、痛くない医療レーザー脱毛ができるということで評判です。このクリニックでは、痛みが強いというこれまでの医療レーザーによる脱毛処理のイメージを覆す脱毛を行っています。このクリニックでは、痛みが少ないとされているダイオードレーザーを搭載した最新式の医療レーザー脱毛の機器を導入しているので、従来のクリニックでの脱毛に比べて痛みが少ないのだそうです。

さらにここで導入されている機器では、独自の技術で皮膚を吸引しながら伸ばして広げながらレーザーを照射するため、レーザーを毛の根元だけに確実に当てることができるのだそうです。こういった技術を採用することにより、このクリニックではほとんど無痛で脱毛処理を行うことが可能になっています。またこのクリニックでは、医療レーザー脱毛の施術時間を従来の3分の1に短縮しているため、普段仕事などで忙しいという人でも気軽に通ってむだ毛処理ができるようになっています